独身の頃と結婚、出産後の違いは?

独身の頃と、結婚や出産を経験してからとを比べると、仕事に対する考え方や、仕事に対する姿勢が、大きく変わりました。

 

私は、独身の頃は、総合病院でバリバリと働いていたんですね。
家族がいるわけでもなく、自分一人の気ままな生活ですから、本当に自分勝手に行動していたと思っているんです。

 

看護師というのは、患者さんやそのご家族の事を、一番に思って、ケアしてあげる仕事なんですが、
自分の事を中心に考えていた感じですね。

 

結婚して出産をしてからは、人の立場になって物事を考える事ができるようになったと思っているんです。

 

仕事に対する考え方が変わった理由には、実母の病状もあるんですよね。
実母は、難病で介護が必要な状態なんですが、今は実父が面倒をみています。
私も、1週間に1度は実家に帰って介護の手伝いをしているんです。

 

緩和ケアで働いている事もあり、実母を通して、患者さんやご家族の気持ちを、
理解してあげられるようになったと思っているんですよ。

 

患者さんは、一人一人違った背景をもっていて、いろいろな生活環境がありますよね。
小さなお子さんがいる患者さんもいますし、家族を持っている方は、精神的に不安定になりがちなんです。

 

看護師の態度や、何気ない一言で、落ち込んでしまう場合もあります。
特に、長い間闘病している方は、肉体的にも精神的にも、ストレスが溜まって、とても神経質になっています。

 

独身時代には、何も思っていなかったんですが、結婚や出産は、人生の良い勉強になると思っているんですよね。

 

子育てしながら仕事を続けるのは、とても大変なんですが、子育てを